2019-11-06
カテゴリトップ>ヘッド・シャフト組み合わせ>ZiZiメイン>Type-P
【カスタムオーダー】
ZiZi Type-P+GraphiteDesign AD105/115
 
ZiZi Wedge Type-P
+
AD105/115

このウェッジの特徴は“リンクス系”と呼ばれる四角い顔です。

フェイスを開いた時にヒールボトムからトゥトップまでスコアラインを斜めいっぱいに使い、ボールのスピンコントロールをしながら距離の打ち分けまでを考えた顔つきです。

Ping Eye2が復刻し四角いウェッジが出ましたが、最近ではどのメーカーも作らなくなってしまった形です。


下下の画像の中の『マーク』をすべて選ぶと、このType-Pの形になります。

※形状変更をご指定になった場合、仕上げのデザインについては福井氏へ一任していただくことになります。

【ソール】
ラウンドソールが一般的な形状となります。
フラットソールはヘッドの入射角をバウンス角に合わせることで威力を発揮します。
【リーディングエッジ】
丸みがあればフェイスを開きやすく、ライへの対応も幅広くなります。
ストレートなリーディングエッジはターゲットラインを出しやすく構えやすいと感じる方も多いと思います。
ヘッドの構造上フラットソールを選択していただいた場合、リーディングエッジは必然的にストレートとなります。
【ネック】最近の主流はストレートネックですが、球のつかまりの良いグースネックのご指定も可能です。
【トップライン】
シャープなラインだとアイアンの形状に近いウェッジになります。
ラウンドの場合、ウェッジは丸顔になり、球をつかまえやすくなります。
ティアドロップは、ボーケイやクリーブランドなどのウェッジに代表されるラインです。
【トゥライン】
トゥグラインドすると、上級者の好む“逃げ顔”になります。つかまりすぎないイメージを受けるため、左への引っかけを意識しないでアドレスできます。
ラウンドスモールは、ラウンドベーシックに比べて5〜6mm小顔になります。


※このシャフトは受注生産のため、納期は3週間程度かかります。
こちらのシャフトは、番手をずらして装着することにより、Sフレックスとして使用することができます。
(例 #5/7をXで使用する場合は5番アイアンに、Sで使用する場合は7番アイアンに装着します。)

ヘッド・シャフト・グリップ・組み立て工賃代金を含めた金額となります。

【自分だけのウェッジを作ろう】